「痛みを伴う場所」から「安心で安全な場所」へ

その人の印象は「純粋」。

かもしだす全てが「きれい」。

それは、来歴の美しさなのだろう。

私はずっと、その人をそんな風に思っていました。

ところが、その人は「子供っぽい」といわれるといいます。

男性からも女性のお友達からも。

その人は、子どもっぽさを反省して、大人っぽくするべきなのでしょうか。


私は自分の人生を振り返り、「わがまま」といわれ続けたことを思い出しました。

家でも、学校でも、小、中、高ずっと、大学時代は一番責められましたね。

どこへ行っても「わがまま」なのです。


それを直そうとしたら、生きづらくなって、日本人の中にいられなくなってしまいました。

日本にいても外国人ばかりに囲まれる職場を選び、とうとう外国で暮らすことに。

そうしたら、海外では私を「わがまま」という人は誰もいないのです。


異文化と接したことは、本当に人生の救いになりました。

その人の生きた歴史や文化で、ものの見方は全然違う。

Aさんにとっては悪いことでも、Bさんにとってはいいことかもしれない。

そんな当たり前のことに気づくことができたのです。


実際に私は、彼女が「子供っぽい」といわれると聞いて少し驚きました。

正直にいいますと「子供っぽい」なんてかけらも思ったことがありません。

むしろ、私が昔着こんでいた「重いヨロイ」を感じたので、もうそんなの脱いで、自分の中の「子ども」を出しちゃえば面白くなるのになーなんて、勝手に想像してました^^


自分が「わがまま」といわれて痛みを感じていた時代、反省するところがあるとすれば、「減点」してくる人間関係ばかりだったということころです。

日本人がというより、「わがまま」と減点してくる人たちばかりが周りにいたのです。

その理由は、ちょっぴり心が痛むけど、「私が人を減点する人間だったから」です。


「この人のここがイヤ、あの人のここがイヤ。減点!減点!減点!」


だから、私を減点する人間関係ばかりになっていたのですよね。

子どもの頃から親に減点されると、反発して親を減点するようになって、ひいては周りの人を減点するようになって、結果、減点する人の輪に入ってしまう。

でも、その仕組みに気づいたから、私はそこから脱することができました!


親の名誉のために付け加えると、子どもを減点する親は、その親に減点され、夢を奪われています。親がすでに犠牲者である場合がほとんど。

そして、その「減点」思考が家系を貫く精神のバトンになって子や孫の世代にリレーされていく。

親個人が悪なのではなく、連鎖なのです。


自分も「減点」しがちだなと思う人に楽しいワークがあります♬

今日1日は、何があっても減点しない!

それができたら、2日間、3日間、1週間とやってみる。

私たちはこの世に生まれている未熟な魂だから完璧は無理ですよ(笑)


そして、減点しないで過ごせる時間が長くなったら、「畏敬」のワークもやってみましょう!

畏敬のワークとは、「対象を賛美し畏敬の念をもつワーク」です♬

むりやり賛美しなくていいですよ^^

自然に賛美できるものを賛美すれば大丈夫。


そうすると賛美できる対象が広がっていきます。

賛美する人に居心地の悪さを感じる「減点さん」たちは、自然に遠ざかってくれるでしょう。


減点から賛美へ。

賛美してはじめて、その対象の本質が開示されます。

その本質を見る心の目が育ったとき、あなたの周囲は、あなたを賛美する人だけになるでしょう。

そこは、あなたがそのままで生きられる「安心で安全な世界」です。


R.シュタイナーは、『賛美・敬意・尊敬を心に満たした瞬間に、自身の中で微睡み続けてきた諸力が目覚てくる』といっています。

私もそれを実感しています☆


悠城レニ official website

✦Yuuki Leni✦ 数秘術家 宇宙と人間の神秘を紐とき 《わたしの物語》を生きるための文章を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000